即日審査

即日審査で即日融資!おさえておきたい審査に通るコツ

当サイトは即日審査に通るコツについてまとめています。カードローンやキャッシングサービス、クレジットカードに即日審査をしてもらってすぐに利用できるようにするためにはいくつかのコツがいります。ただ、審査を受ければいいというわけではなく、事前に借りる額や準備した書類によって即日審査できるかどうかが決まります。即日審査を受けるために必要なのが、所得証明と身分証明、そして、借入額の設定です。所得証明は月給制の場合は数カ月分の給与明細でいいですが、年収による審査希望なら市町村が発行する所得証明書を持って行くと確実です。また、借入額によっては所得証明がいらない場合もあるので借りたいローンについては事前に調査しておくと良いです。即日審査を受ける際は借入額の設定も重要です。消費者金融から借りる際には所得の3分の1を超えないような設定をしなくてはいけません。法律で借入総額の制限があるためです。他の借り入れもあるならそれも合算して計算しておくとよいです

即日審査で即日融資申し込みならココ

モビット 即日審査
モビット
モビット 即日審査
年利:4.8%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:14:50までの振込手続完了で当日振込可(審査結果により不可の場合有)
モビット 即日審査詳しくはこちら

プロミス
プロミス
プロミス 即日審査
年利:4.5%~17.8% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時までにWEB契約完了で当日振込
*14時過ぎても、ネットで申し込んで審査通過後、自動契約機から借りられます。
プロミス 即日審査詳しくはこちら

アイフル
アイフル
アイフル 即日審査
年利:4.7%~18.0% 限度額:1万円~500万円  
即日融資:平日14:00時まで
アイフル 即日審査詳しくはこちら

即日審査に通るコツ:クレジットヒストリーとは

pho2
クレジットヒストリーとは、その人が今まで利用した金融機関の履歴のようなもので、本人情報、金融機関の契約情報、返済情報などが記載されます。金融機関の即日審査では重視されるもので、あまりにも信用度の低い内容だと通らない可能性があります。
即日審査に通るには、このクレジットヒストリーを信用に足る内容にすることです。もっとも重要なのが返済情報の部分で、ここには今まで「金融機関からの請求に対し、きちんと入金があったか」という事実が一月ごとに記載されています。当然返済延滞の場合しっかり履歴として残りますので、何カ月も延滞の記録が認められれば審査からはねられてしまいます。
最も理想的なのは毎月利用があり、請求に対して延滞無くしっかり入金されていることです。そうすれば信用に足ると判断され、審査を通ることができます。クレジットヒストリーは金融関係における履歴書のようなものですので、常に信頼されるよう、毎月返済するのが即日審査をパスする上でベストです。

即日審査に通るコツ:性別は関係ある?

pho1
カードローンやクレジットカードの審査はとても早くなってきていますが、特に即日審査、即日利用できるローンが増えています。即日審査で気になるのが、職業や性別による審査の有利不利です。即日審査が行われるカードローンでは借入可能かの判断では性別や職業による差別はありません。審査で重要となるのはあくまでも所得と借入状況だけです。所得と借入額は総量規制にも影響がとても強いのでしっかりしたチェックがされます。収入については主婦やアルバイト・パートでも問題にならないように年収による審査が一般的になっています。そのため、借入額が少ない、もしくはなければ、年収がある程度あれば、性別、職業に関係なく、カードローンやクレジットカードは利用することが可能な方が多く、また、即日審査でも郵送によるチェックと何も変わりませんので厳密なチェックが行われます。以前は職業や性別、特に主婦には不利なチェックが多かったですが、現在では収入と借入状況以外はほぼチェックされないようになっています

即日審査に通るコツ:総量規制対象外とは
即日審査に合格するために一つのコツがあります。金融会社は銀行と消費者金融があります。どちらで即日審査を受けるのかは人によって様々ですが、総量規制対象外である銀行を選ぶと審査に合格しやすくなるので覚えておきましょう。総量規制対象外というのはそのままの意味であり、総量規制が適用されないことを意味します。総量規制があると、どうしても審査では年収が問われます。そして申込時は収入証明が必要になります。しかし、銀行の場合は総量規制対象外なので即日審査を受ける時に収入証明が不要なことがありますし、身分証明だけで申し込むことができると、審査で年収が不問になってくるので、簡単に合格しやすいです。このように銀行か消費者金融か、どちらで即日審査を受けるのかによって総量規制の有無の違いがあり、それによって審査の合格のしやすさはかなり変わってきます。簡単に即日審査に合格したいという人は銀行を選んで申し込みましょう。

即日審査でも在籍確認
即日審査でも在籍確認はある?
カードローンの利用を躊躇させる原因の一つに在籍確認のための会社への電話連絡があります。即日審査が当たり前となった現状でも審査の際には在籍確認をしているのでしょうか。結論から言うとほとんどのカードローン会社で審査の際の在席確認をしています。即日審査どころか、最短30分の審査をうたっていながらいつ電話するのだろうと思いますが、原則はしているようです。
しかし、最近同じく即日審査のカードローンで在籍確認不要のサービスがでてきました。内容は、電話連絡をしない代わりに会社に在籍していることを証明する書類を提示することが必要となります。その書類とは、社会保険証か組合保険証のどちらかと直近1ヶ月分の給与明細書となっています。
このサービスはweb完結申込が前提となっており、それ以外でも来店なし、電話でのやり取りなし、郵送物もなしと言うサービスを実現し売上を伸ばしています。やはり、在籍確認なしというサービスは利用者には受けているようです。


即日審査に不利な条件
即日審査に不利な条件はしっかりと覚えておきましょう。審査で不利になる条件は色々とありますが、大きく挙げると3つあります。1つは年収の低さです。即日審査に合格するためには当然ながら年収が高い方が有利です。年収が低い人は銀行の収入証明不要を活用するなど工夫をしたいところです。審査で不利な2つ目の条件は借金です。即日審査を受ける時に借金をたくさん持っているほど不合格になりやすいです。これはとても簡単な理由であり、やはり借金があることで新規借入をしても返済できるかどうかは微妙と判断されることがあります。年収が低く借金が多いという状況は最も不利な条件です。3つ目の条件は信用の低下です。これは今までにお金を借りたことがある場合、返済トラブルをしたことがあるかどうかがポイントです。債務整理など、返済トラブルをしたことがあると信用が低下しているため、合格することが難しくなるのでしっかりと覚えておきましょう。